詳細記事

2016年7月10日 ウルトラマン

  umsoten

 50年前の今日、ウルトラマンのTV放送が始まった日だそうです。

私は小さいときから特撮物が好きで、今も恥ずかしながら好きな方で、限定物のフィギュアとかには目がない方です。

 子供さんといえばミニカーやプラレールとかが大好きな子が多いと思いますが、私はどちらかというと怪獣人形を集めたり怪獣ごっこなんかで遊んでた子供でした。

 小さい頃は法円坂に住んでいて、ゴモラという怪獣が大阪城を壊してしまう放送があった次の日に、友達と心配になって観に行ったこともありました。

他にも心配で観に来てた子供が多くいて、守衛さん(?)が「おっちゃんらが昨日の晩に急いで直したから大丈夫や」といってくれて安心した記憶があります。

なんかええ話ですよね。

ちなみにこの話、プロレスラーの前田日明も同じような話をしてたのでひょっとしたら同じ場所にいたのかもしれません。

 まだ今もウルトラマンシリーズは続いてるようですが、今後も子供たちに夢を与えるようなヒーロー物として語り継がれていった欲しいものです。