小児歯科

小児歯科の治療について

小児歯科の治療について

小児歯科は子供の虫歯を治すだけではありません。

虫歯の予防に努め、キレイな永久歯を正しい位置に生やし、健康なお口の状態に育てることを目標にしています。

初めが大事ですので、回数をかけて通院していただいたり、フッ素塗布、ブラッシング指導などを実施したり、それぞれのお子様に合わせた治療・指導をおこない、歯を育て守っていきたいと考えています。

また、歯医者に対するお子様の恐怖心をできるだけ植え付けないように、お子様のご予約の前に必ず下記の、「お子様の歯科治療にあたってのお願い」をお読みいただき、ご理解の上ご来院ください。

お子様の歯科診療にあたってのお願い

お子様の歯科診療

三木歯科では、小児歯科についてお子様の歯だけではなく、精神的、身体的発達も考慮しながら治療を進めるべきであると考えております。

そして、三木歯科のスタッフは全員がお子様を歓迎すると共に、どうすればうまく効果的に治療を進めることができるのかと絶えず研究しております。

しかし、これは保護者の方々のご理解とお力添えなくしては、良い結果を得ることはできません。

より良い治療のために皆様へご協力をお願いしております。

  • お子様の連れ出しについて

    お子様に「歯医者に行くんじゃない」と、だまして連れ出すのはおさけください。

    また、治療内容について曖昧な説明をせずに、「先生に聞いてみようね」という話し方をしてください。

  • お子様の恐怖心をあおる単語を使わないでください。

    歯医者、注射、あるいは歯を抜くことを日常生活において、おどしの手段にしないでください。

    また、お子様の恐怖心をやわらげるため、三木歯科では「麻酔」「注射」という用語をできるだけ用いないように心掛けておりますので、保護者の方々においてもお使いにならないでください。

  • 歯科医を怖がらないでください。

    お子様をとりまく方々の歯科医に対するお気持ちが、お子様に敏感に反映しますので、まずご自身のお気持ちから不安、恐怖心を取り除いてください。

  • 治療前のお子様に関して

    お子様が緊張のため治療中に尿意、便意を訴えることがありますので、治療前には必ず用便を済ませておいてください。

    また、えずいて吐き気をもよおすこともありますので、治療前の飲食はお控えください。

  • 来院時の服装などについて

    お子様に安全な治療を受けていただくため、保護者の方から了解をいただいた上で、やむを得ずスタッフが押さえる場合がございます。

    来院時はできるだけ身体をしめつけない服装でお越しください。